デンタルケア

デンタルケアは健康への第一歩です

現在、3歳以上のワンちゃん・ネコちゃんのうち8割が歯周病にかかっています。うちの子には関係ないと思わないでください。歯肉炎などの軽い歯周病のうちは、歯垢・歯石を取り除き、歯のまわりを清潔にすれば治りますが、重い場合には歯を抜いて治療するケースもあります。歯磨きや口腔ケア、歯科チェックは定期的に行いましょう。

歯みがきがもたらす様々な効果です

歯の健康

噛むことで歯の表面をこすり、物理的に歯垢を取り除く事ができます。
ただし、与えるものの種類によっては歯を逆に痛めつけてしまう場合もあるので注意が必要です。 
最近では、液体をつけたり、錠剤をのませることによって歯垢がつくのを抑えるものも販売しております。

愛犬のストレス発散

犬らしい生活である動くものを探し、追いかけ・捕まえ・引き裂くという捕食行動の一部を満足させます。

困った行動(破壊行動など)の予防

噛む習慣のある子犬のうちからデンタルガムに慣れ親しませておき、かつ不適切なものに触れることが出来ない環境作りを行うことで、破壊行為を減らすことが出来ます。

愛犬との信頼関係を築く

歯磨きをするためには、ペットオーナーはペットの口を自由に触れることができなければなりません。ペットの最大の武器である歯をペットオーナーにゆだねるという行為には信頼関係が必要です。

歯みがきのポイント

嫌がるのを無理矢理すると、ペットの攻撃性を引き出してしまう可能性があるので、
  絶対にやめましょう。

ペットが歯ブラシを好きになるように、出来たら必ず誉めてご褒美を与えほんの少しの
  時間からゆっくり長い期間をかけて練習しましょう。
     ※ 肥満防止のためご褒美は、ドライフード1 粒など少しずつ。
     ※ 動物は口内環境が人とは異なり、歯みがき後にご褒美を与えても問題ありません。
     ※ 歯みがきを快く受け入れはじめると、ご褒美の回数を少しずつ減らしましょう。


歯みがきは、毎日の愛犬とのふれあいの時間としてペットオーナー自身も楽しみながら
  行うようにしましょう。

お気軽にご相談ください

診療時間

手術に関するお願い

スタッフ募集

里親募集

チカワ動物病院

page-top